所有していた期間によっても変わってくる

有酸素運動自分の力 > 注目 > 所有していた期間によっても変わってくる

所有していた期間によっても変わってくる

2017年5月23日(火曜日) テーマ:注目

内覧に来た人の不動産物件の印象を良くするためには、きれいで明るくて広いという感じに見えるようにしましょう。

 

時間に関係なく、明かりを全て灯すようにして、散らかっていると狭く見えてしまうので、できるかぎり片付けて、あまりやらないところまで丁寧に掃除しましょう。

 

一例としては、水場の水滴を拭いて磨き上げておくことですね。

 

それから、消臭にも力を入れるようにするといいかもしれません。

 

アラ探しをされるという覚悟で売ろうとする物件の手入れをしましょう。

 

家を処分する際は、たとえ売却でもさまざまな経費がかかってくることを理解しておきましょう。

 

不動産業者に売却を依頼すると、もれなく仲介手数料が必要になります。

 

手数料は法律で決まっていますが、売却額が1800万円でしたら65万円を売主から業者に支払わなくてはいけません。

 

登記にかかわる司法書士への報酬のほか、印紙代などの実費も必要です。

 

ですから何がいくらかかるか確認した上で、家の売値を設定しないと、手元に残るお金が減ってしまいます。

 

不動産を売却する人にかかる税金として一番注意する必要があるのは譲渡所得税と住民税でしょう。

 

これらは物件の売却により利益が生まれた場合に支払いが必要なものです。

 

ただ、住んでいた物件の売却であれば、特別控除が3000万円適用されます。

 

加えて、こうした税金は課税方法が所有していた期間によっても変わってきますので、この点を調べてから売却に向かった方がいいでしょう。

ディオーネ



関連記事

所有していた期間によっても変わってくる

所有していた期間によっても変わってくる

2017年5月23日(火曜日)

これなら大丈夫と思う範囲

これなら大丈夫と思う範囲

2017年5月22日(月曜日)

イソフラボンも一度に摂れる

イソフラボンも一度に摂れる

2017年5月16日(火曜日)

住宅ローンの融資を考えている方は?

住宅ローンの融資を考えている方は?

2017年5月15日(月曜日)

サプリメントの大量摂取には要注意

サプリメントの大量摂取には要注意

2017年5月11日(木曜日)